交通事故後遺障害治療〜治療方針とその内容〜

交通事故後の症状

交通事故後遺障害の流れと治療内容

初期治療

事故状況や病院の診断内容、保険会社とのやりとりなどの確認をさせて頂きます。患者様の症状や要望を聞きながらしっかり問診やカウンセリングを行って身体の状態を把握し、どのような治療を行うかを決めていきます。

次にベットで患者様の楽な態勢になってもらい、患部に低周波治療を行います。
この時、身体への負担もあるため、最初は強い刺激は避け、弱い電気を流していきます。

事故直後の身体には日常生活ではないような強い衝撃を受けているため、事故から1~2週間程は症状が出てきます。この時期の手技療法としては、強い刺激の治療は避け、筋肉や関節の損傷を修復させるための軽いマッサージを行います。

患部の痛みや症状をみながら、必要に応じて湿布や固定なども行います。

中期治療

ベットで楽な態勢になってもらい、低周波治療をして頂きます。

この時期の治療としては、筋肉や関節の損傷はある程度回復してきているため、筋肉の張りやコリをとるための手技療法を行います。マッサージやストレッチを行い、患部の緊張をとり、筋肉をほぐしていきながら血行を改善させて、痛みを和らげていきます。

次に患部の血流を高めるために、温熱療法を行います、島田整骨院では、温熱療としてホットパックやマイクロ波治療器があり、症状に合わせて身体を温めます。

後期治療

ベットで楽な態勢になってもらい、低周波治療をして頂きます。

次に手技療法を行います。この時期の治療としては、だいぶ損傷部分は回復しており、筋肉の張りやコリもとれてきているため、マッサージやストレッチの他に関節可動域訓練なども行い、根本的な原因へのアプローチをさせて頂きます。
当院では早期回復治療としては、矯正も行っており、身体の歪みや骨格のズレを取り除き、交通事故前の健康なお身体を取り戻します。

患者様の必要に応じて、温熱療法やローラーベットを行って、筋肉をほぐし、血行を改善させます。

※交通事故後遺障害はいろいろありますが、
ここでは、整骨院に多い症例をあげてご紹介させて頂いております。

むちうち症(頸椎捻挫)、頚部挫傷の場合

【症状】

背中や首から肩にかけての張りやコリ、首を動かしたときの痛み、頭痛、めまい、吐き気、手(腕)のシビレや痛み、倦怠感、目のかすみや視力の低下など

【治療】

島田整骨院では、低周波治療・手技療法・温熱療法を行います。手技療法としては、背部・肩・首のマッサージや痛みがない程度の牽引、ストレッチや首の可動域訓練を行います。

腰椎捻挫・腰部挫傷の場合

【症状】

腰部の痛み、腰を曲げたり捻ったりするときの痛み、朝起き上がる時の腰の痛み、長時間の立位や座位の痛みや倦怠感など

【治療】

島田整骨院では、低周波治療・手技療法・温熱療法を行います。手技療法としては、背部や腰部、殿部のマッサージやストレッチ、股関節の可動域訓練などを行い、必要に応じて、ローラーベットにて筋肉をほぐしていきます。

腱板損傷の場合

【症状】

肩(腕)が上がらない、肩〜腕にかけての痛み、背中に手を回せない、夜に肩が痛くて眠れないなど

【治療】

島田整骨院では、低周波治療・手技療法・温熱療法を行います。手技療法としては、背部や首、肩や腕のマッサージやストレッチ、肩甲骨・肩関節の可動域訓練などを行います。必要に応じて、日常生活に負担がないようにテーピング固定も行います。

痛みから解放されたい、リハビリしたいなど、 お悩みの方は今すぐご相談受付ダイヤルへ

 些細な疑問や不安でも、是非、お気軽にご相談ください。あなたからのご連絡を心よりお待ちしております。
メールからのお問い合わせ

受付電話番号